開発者日記: アップデート

World of Tanks Blitz 停滞的なゲームではありません。3-4 週毎に新しいアップデート をリリースしています: 新車輌や新マップを追加し、新要素を導入し、既存の要素を改良します。アップデートのおかげで、様々なイベントを行ったりゲームプレイを変更したりできるのです!

アップデート: 規模の違い

アップデートの規模は様々です。便利な機能を追加するアップデートもあれば、新車輌と新マップを追加するアップデートもあります。また、車輌の性能を調整してバランスを改良することもあります。

私たち開発チームには、いくつかの専門部局があります。この部局制によって、ゲームのコンポーネント全ての作業を同時に行えます。しかし、様々な要素を分析し、作成し、そしてテストする時間はそれぞれ異なってきます。このため、あらゆるものを一度のアップデートでリリースするのは不可能なのです。

プレイヤーが通常気づくことのない、特別な技術的変更も無視するわけにはいきません。こうした重要な問題を解決するための更新点は、各アップデートに含まれています。例えば:

  •        作業過程と開発速度の改善
  •        新要素を追加する前のベース作り
  •        アーキテクチャ、グラフィックス、サーバーゲームの最適化

各アップデートの内容は、開発チームの働きだけでなく外部要因にも影響されます。例えば、M4A3E8 Fury がゲームに追加されたのは映画「フューリー」が由来でしたし、中国技術ツリーは中国での公式リリースに合わせて追加されました。

プログラミング、テスト、リリース

搭乗員スキル、クラン補給、あるいは迷彩といった大規模なアップデートの準備には時間が必要であり、それには様々な段階が存在します。どれか一つの追加要素に集中することはできません。その要素の複雑さとテスト結果に、多くの項目が影響を受けるからです。

新要素の準備が整ったら、その後のアップデートのいずれかで追加されることになります。しかし、それまでには 1 ヶ月程度の時間が残されているため、確認作業を行うことができます。この点について、以下に記します:

  1.        ゲームクライアントの安定化には 2 週間を要します。この期間に、新バージョンのビルド構築とテストが行われます。その後、開発チームは見つかってまだ間もないバグや問題点を修正します。
  2.        安定したアップデートの準備が整ったら、これをパートナー企業であるAppleおよび Googleに送り認証を得ます。これには 2 週間を要します。
  3.        必要な承認をすべて得られたら、リリース日を決定します。なお、通常は金曜日にリリースされます。

これらの最終段階では、異なるバージョンの開発が重なることがあります。ルールとしては、次々回のバージョンの安定化は次回バージョンのリリースの 2-7 日前に開始されます。これが、私たちの開発作業の流れです:

準備にはこのように多くの時間を要するため、一部の要素については実装が遅れていると感じるプレイヤーもいるかもしれません。例えば、測距計と装填タイマーはバージョン 2.10 のリリース前に準備ができていましたが、このアップデートに含めるには時間が足りなかったため、ようやくバージョン 2.11 で導入されることになりました。

サーバーアップデート

新バージョンのリリースと予定された再起動に合わせて、ゲームのサーバー部分をアップデートすることがよくあります。これにより、ネットワークの問題 (長過ぎる待機時間や接続の安定性など) を速やかに解決し、ゲームクライアントと直接関わらない他の致命的なバグを修正することが容易になります。

Hellcat の再装填時間バグがそのいい例です。このバグをサーバー上で素早く修正したため、射撃速度の表示についてはクライアントアップデートによる修正が必要でしたが、この駆逐戦車はゲーム内で予定通りの性能を持つことができました。

1 ヶ月もバグが修正されていない!

以下のことを想像してみてください:

  1.        アップデート 2.10 6 8 日にリリースされました
  2.        当時、アップデート 2.11 は既に安定化作業の 1 週目でした。
  3.        6 15 日に、アップデート2.11 の認証申請を行いました。
  4.        6 16 (アップデート 2.10 がリリースされてわずか 1 週間後) に、端末や珍しい条件でのみ再現可能なバグを発見しました。

さて、このバグの修正を妨げたものは何でしょうか?

第一に、アップデート 2.11 は既にリリース準備を完了しており、そこにバグの修正を含めることは不可能です。第二に、アップデート 2.12 であれ何であれ2.11 に続くアップデートはおそらく安定化作業に入っていることでしょう。このため、バグの発見、修正、テストのための期間はわずか 1 週間しかありません。

  •        もしバグを速やかに発見できた場合、この修正をアップデート 2.12 に含めることができるでしょう。
  •        しかし、AppleGoogleにこのアップデートを送るまでに十分な時間がとれない場合、修正はバージョン 2.13 を待たなければならないでしょう。

こうして、致命的ではないエラーを 6 16 日に発見した場合、その修正が行われるのは 8 月中旬ということになるのです。そしてこれは、大部分のプレイヤーが気づくことがないであろう、小さなバグについての場合です。

以上説明してきた流れで、全てのバグを即座に修正できない理由をご理解いただけたでしょうか。加えて、問題の重要性には常にランク付けがなされます。重大で発生頻度が多く、ゲームプレイに影響を及ぼすバグほど、速やかに修正されるでしょう。このことは、小さなバグを無視しているという意味ではありません。それらのバグは遅かれ早かれ解消されますので、しばらくご辛抱ください。


アップデート 2.11 がリリース間近です。しかしその次のバージョンの準備も整いつつあることが、以上の説明でお分かりになったことでしょう。そのアップデートについても詳細を近日公開予定です。しっかりチェックして、戦闘をお楽しみください!

閉じる