カッパーフィールドの進化

Maus Object、その他の Tier X 車輌がレベルデザイン部門を取り囲み、「俺たちにカッパーフィールドを返せ!」と叫びました。これを受けてマップ改修に鋭意取り組んできた結果、このマップを改めて高 Tier 戦場向けに提供できる運びとなりました。

改修が完了した改良版の「カッパーフィールド」マップは、バージョン 3.2 から高 Tier 戦場および優勢戦モードに登場します。

新しくなったこのマップをぜひお楽しみください!

「重戦車」はデカい、もっとスペースが必要だ!

「カッパーフィールド」は、このゲームの最初期のマップのひとつであり、このマップの開発時には開発者たちは、大きなマップでは互いの距離が遠すぎるためにプレイヤーが当惑するのではないか、という点を懸念していました。故に、「カッパーフィールド」の初期版においてはマップの約 25% を丘陵地帯が占める形としていました。

しかし今やその懸念は払拭されました。新たな方向性により、ゲームのプロセスを確実に改善できることがはっきりしたためです。よって丘陵地帯を大幅に削減し、その場所には新たなスペースが生まれました。これにより、重戦車が運用しやすい場となったのです!

レベルデザイナー Mikhail Ivanov が、このゾーンの変更の詳細を紹介致します:

経路という点においては、重戦車向けのエリアは従来と同様であり、全ての要素はプレイヤーにとってなじみ深いもののままです。例外としては、両サイドから旗に向かうルートが追加され、中央部にはよりなだらかな高台が設けられています。重戦車への最適化に関しては、アプローチ所要時間および遮蔽物の有効性という点で見直されました。丘に隣接する木製のフェンス群が、敵へのアプローチの中間地点として活用できる「ポケット」を形成しています。従来は、このマップでの戦闘は遠距離戦になりがちであり、中心部へと向かうことは困難でした。

この「ポケット」は、マップの反対側から狙うことがほぼ不可能であるように設計してあります。よってここに陣取った重装甲戦車が、丘をめぐる戦いの結果に大きな影響を与えることでしょう。

中戦車は速く、彼らにもまたスペースが必要だ!

このマップの北部は高機動車輌にとってのパラダイスです。従来、ここには複数の遮蔽位置がある道が 1 本あり、よく敵がこのエリアに陣取り、マップ南部で戦う重戦車に対し中央部を挟んだ遠距離狙撃を着実に加えていました。

刷新版においては、この場所は機動戦の格好の舞台となります。マップの両サイドから伸びる各 2 本の道が、若干の抜け道によって分けられた交差点として交わっており、チーム同士の激突の舞台として最高のバランスとなっています。追加された抜け道のおかげで、この場所で戦いが膠着することはもはやなく、より能動的な戦いが展開されることでしょう。

低地での戦い

分析の結果、マップの中央部に向かう車輌は、陣地の防衛に向かう場合を除けばほとんど居ないことが判りました。刷新版においては、採鉱場とマップの他の場所を繋ぐ経路が増えており、採鉱場エリアの遮蔽物を増やし、標高を引き下げたため、従来よりも安全に戦える場となっています。

陣地の防衛も、やりやすくなっています。遭遇戦モードにおいては、占領サークルは、その内部にあった建造物と併せて山から離されました。陣地の付近にある重戦車用の丘の勾配がよりなだらかとなり、必要に応じて陣地に降りる際、より安全に移動できるようになりました。

優勢戦モードにおいては、各陣地は南北に配置されており、各陣地の安全性は高いとは言えませんが、ある程度の遮蔽は用意されています。敵が陣地の付近に陣取って待ち伏せしていない限りは、陣地に急行して占領することは容易であるはずです。そして敵が待ち伏せていてもいなくても、きっとお楽しみ頂けることでしょう!

閉じる