バージョン 2.8 での各車輌の報酬

クレジットは主要なゲーム通貨のひとつであり、クレジットを使用することで所有車輌をアップグレードしたり、より強力な戦車を購入したりすることが可能です。各戦後にはある程度のクレジットを取得できますが、その額はその戦闘での個人戦果および修理費、弾薬費によって変化します。報酬レベルは車輌別に設定されており、新バージョンでは多くの車輌においてこのパラメータが調整されました。

これらの変更により、2 つの課題の解決を図りました。第 1 に、これは登場したバージョンの違いに伴う車輌の報酬の差異を補正するために必要でした。第 2 に、Tier IX–X において戦果が不充分だった場合にあまりにも多額の赤字が生じる、という問題への対策が必要でした。これらの問題を解決するため、高 Tier 車輌における主要なコストである修理費を軽減しました。

プレミアム車輌の報酬は一部の車輌を除き、同レベルに維持されます。 [3/30 更新]

例:

説明のため、T62-Aを使用した例を紹介します。この車輌の場合、修理費は 56% 軽減され、報酬は 13% 引き下げられました。プレイヤーのスキルは特別には高くないものとします。この戦車で 5 戦を連続して戦いました。全ての戦闘について、プレミアムアカウントなし、迷彩なしで、全弾 APCR、自動消火装置、救急キット、修理キットを使用しました。

(2.7) (2.8)

バージョン 2.8 の前と後での 5 戦の結果

バージョン 2.8 の前と後での 5 戦平均戦績

結果として、報酬は平均 3,834 クレジット減少し、修理費は 12,027 クレジット減少したため、収支は向上しました。よって、バージョン 2.8 のリリース後には、このプレイヤーは 30,717 クレジットの赤字ではなく 10,245 クレジットの黒字となります。

将来的な変更

バージョン 2.8 における報酬の調整は下記の通りです。報酬向上および修理費軽減は緑でハイライトされています。一部のケースでは、報酬の引き下げが、修理費の大幅軽減により補われている、という点にご注意ください。

ソ連

  •        T-34: 報酬 +17%
  •        KV-1: 報酬 +14%
  •        SU-85: 報酬 +11%
  •        SU-100: 報酬 +15%
  •        T-150: 報酬 −29%
  •        T-43: 報酬 +3%
  •        IS: 報酬 +12%
  •        KV-13: 報酬 −25%
  •        ISU-152: 報酬 +12%、修理費 −10%
  •        IS-3: 報酬 +5%、修理費 −24%
  •        T-44: 報酬 −10%、修理費 −35%
  •        KV-4: 報酬 −10%、修理費 −31%
  •        Object 704: 報酬 −6%、修理費 −23%
  •        IS-8: 報酬 −19%、修理費 −44%
  •        T-54: 報酬 −12%、修理費 −50%
  •        ST-I:報酬 +8%、修理費 −41%
  •        Object 268: 報酬 −6%、修理費 −32%
  •        T-62A: 報酬 −13%、修理費 −56%
  •        Object 140: 報酬 +5%、修理費 −46%
  •        IS-4: 報酬 +5%、修理費 −42%
  •        IS-7: 報酬 −23%、修理費 −46%.

ドイツ

  •        Pz.Kpfw. II Luchs: 報酬 −39%
  •        Pz.Kpfw. IV Ausf. D: 報酬 −41%
  •        Durchbruchswagen 2: 報酬 +28%
  •        Hetzer: 報酬 +18%
  •        StuG III Ausf. G: 報酬 +13%
  •        VK 30.01 (H): 報酬 +13%
  •        Jagdpanzer IV: 報酬 +15%
  •        VK 36.01 (H): 報酬 +15%
  •        VK 30.01 (P): 報酬 −20%
  •        VK 30.01 (D): 報酬 −25%
  •        Tiger I: 報酬 +9%
  •        Jagdpanther: 報酬 −28%
  •        Jagdpanther II: 報酬 +3%、修理費 −17%
  •        VK 45.02 (P) Ausf. A: 報酬 −5%、修理費 −32%
  •        Ferdinand: 報酬 +4%、修理費 −18%
  •        Indien-Panzer: 報酬 +4%、修理費 −29%
  •        Tiger II: 報酬 +9%、修理費 −30%
  •        Panther II: 報酬 −2%、修理費 −37%
  •        Leopard Prototyp A: 報酬 +14%、修理費 −48%
  •        E 50: 報酬 −12%、修理費 −49%
  •        VK 45.02 (P) Ausf. B: 報酬 +3%、修理費 −42%
  •        E 75: 報酬 −19%、修理費 −42%
  •        Jagdtiger: 報酬 −5%、修理費 −29%
  •        Maus: 報酬 −4%、修理費 −45%
  •        E 50 Ausf. M: 報酬 −15%、修理費 −53%
  •        Leopard 1: 報酬 +5%、修理費 −56%
  •        E 100: 報酬 −27%、修理費 −48%
  •        Jagdpanzer E 100: 報酬 −7%、修理費 −29%.

アメリカ

  •        T1 Heavy Tank: 報酬 +20%
  •        M10 Wolverine: 報酬 +16%
  •        M6: 報酬 +11%
  •        M4A3E8 Sherman: 報酬 +5%
  •        M4A3E2 Sherman Jumbo: 報酬 −21%
  •        M18 Hellcat: 報酬 +8%
  •        M36 Jackson: 報酬 +9%
  •        T20: 報酬 +11%
  •        T29: 報酬 +15%
  •        T25 AT: 報酬 −6%
  •        T28 Prototype: 報酬 +7%、修理費 −7%
  •        T28: 報酬 +14%、修理費 −9%
  •        M26 Pershing: 報酬 +3%、修理費 −28%
  •        T32: 報酬 +11%、修理費 −27%
  •        T30: 報酬 +14%、修理費 −29%
  •        M103: 報酬 −18%、修理費 −42%
  •        M46 Patton: 報酬 −19%、修理費 −52%
  •        T95: 報酬 −12%、修理費 −17%
  •        T110E4: 報酬 +25%、修理費 −36%
  •        M48A1 Patton: 報酬 −19%、修理費 −57%
  •        T110E3: 報酬 −9%、修理費 −31%
  •        T110E5: 報酬 −17%、修理費 −46%.

イギリス

  •        Alecto: 報酬 +19%
  •        Churchill I: 報酬 −26%
  •        AT 2: 報酬 +9%
  •        AT 8: 報酬 +14%
  •        AT 7: 報酬 +32%
  •        Centurion Mk. I: 報酬 +2%、修理費 −37%
  •        AT 15: 報酬 +28%、修理費 −22%
  •        Caernarvon: 報酬 +7%、修理費 −29%
  •        Conqueror: 修理費 −46%
  •        Tortoise: 報酬 +11%、修理費 −32%
  •        Centurion Mk. 7/1: 報酬 +11%、修理費 −48%
  •        FV215b: 報酬 +5%、修理費 −41%
  •        FV215b (183): 報酬 +24%、修理費 −26%
  •        FV4202: 報酬 +7%、修理費 −54%.

日本

  •        STA-1: 報酬 −2%、修理費 −38%
  •        Type 61: 報酬 +7%、修理費 −47%
  •        STB-1: 報酬 +6%、修理費 −54%
  •        Panzer IV Anko Special: 報酬 −28%

今回は皆様の疑問にお応えするため、今回の車両リバランスを担当した Andrew Panasiuk に特別インタビューを行いました。

報酬リバランス後の変化はどのようになったのでしょう?どのように変わったのでしょう?

中級プレイヤーに注目し、下記の2つの変更を適用しました:

  1. 修理コストを低下
  2. 従来のプレリリース車両の値に近くなるよう全ての車両の報酬を調整

これにより、古い車両でもより多くの報酬を手に入れることができるようになりました。

Tier IX-X 車両を使用するために必要な出費を調整したと有りますが、大敗に帰した場合でも比較的デメリットが低くなるということですか?
はい。 Tier IX-X 車両を使用する上で最もネックとなっているのがその修理コストです。この修理費用は半分になりました。

その他の車両の取得報酬を下方修正する予定はありますか?

新旧車両における収益性の差は前より確認されていました。この問題を改善するため、一気に修正を加えるように決断を下しました。今後は随時収益性を監視し、問題を発見次第即対応するようにします。

高 Tier 車両は現状でも収益性が低いことでしられています。この修正により更に不人気になってしまうとは思わなかったのでしょうか?

実際はその真逆です。この調整により、プレイヤーが適切に車両を使いこなせばプレミアムアカウントの補助がなくとも Tier X 車両で大きな利益を上げることができるでしょう。

新車両ラインナップは修正が既に加えられた状態で登場するのでしょうか。

はい、収益性が修正された車両が実装されます。

今後このような変更はプレミアム車輌に影響を与えますか?

今回はプレミアム車輌に変更を加えていません。

Tier VI–VIII 車輌は従来では最も多くの収益性をあげていました。この調整後はどの Tier を使うべきでしょうか?

従来の通り、Tier V–VIII 車輌をおすすめします。

収益性が減った分だけ車輌のコストを削減する予定はありますか?

収益性自体は従来と同じ値になっているため、変更する予定はありません。

Panzer IV Anko Special の収益性が変更されているようですが、プレミアム車輌の収益性は変更しないのではなかったのでしょうか?

Panzer IV Anko Special は特別な車輌です。現在この車両が戦場で溢れかえっている状態です。そのため、当初予想していたより多くの収益性が Panzer IV Anko Special により手に入っていた為修正しました。

従来のバージョンでは Jagdpanther はその収益性の高さが特徴の1つでした。これは車輌の特徴としてそのまま残しておくという判断はできなかったのですか?

以前開発チームはこの車両の収益性が高過ぎるということをフォーラムにて指摘しており、予定されていました。

E 50 Ausf. 修理コストが 53% 削減され、収益性が 15% 削減しています。

この値を比較してみましょう:

  • 旧取得クレジット—30,000
  • 旧修理コスト—19,000
  • 調整後:
  • 取得クレジット—25,000
  • 修理コスト—9,000

この値を比較すると、取得クレジットが 5,000 クレジット減り、修理コストが 10,000 クレジット安くなっています。総体的に見ると 5,000 クレジット多くてに入っています。

収益性が減る分、高 Tier 車輌の弾薬や消耗品の費用も削減されませんか?

この最終判断は、統計をとった後改めて判断します。

閉じる