アップデート 3.1 - 赤軍の騎兵

ドイツの偵察戦車の車長の皆さん、注意してください。アップデート 3.1 では、速度と機動性の両面で最高クラスを誇る 3 種類の軽戦車が登場します! 高速かつダイナミックで危険な Tier VI–VIII の新型軽戦車を歓迎しましょう。T-54 ltwt. に至るこの新ラインのエントリーポイントは T-34 ですので、事前にこの T-34 を入手しておきましょう。

Tier VI: MT-25

高い機動性と優れた主砲を備えたこの偵察戦車を入手するため、T-34  24,400 を貯めておきましょう。

この MT-25 の最上位砲は素晴らしい火力と貫通力を備えていますが、多くのプレイヤーは、T-34 での定番主砲であり、本車においては初期砲である ZiS-4 を好むでしょう。威力では最上位砲には劣りますが、分間ダメージと射撃精度においては勝っており、そして特筆すべき点は、その硬芯徹甲弾 (APCR) 189 mm という恐るべき貫通力を有している点であり、あらゆる敵の戦車の車体を撃ち抜くことが可能なのです。しかし、高い機動性と速力を活かして戦えば、この硬芯徹甲弾に頼らずとも敵の側背面を撃ち抜いて充分に活躍することが可能です。

Tier VII. LTTB

Ru 251 を使いこなしているプレイヤーであれば、巧みな指使いを身に付けていることでしょう。そして、 59,150  を貯めて LTTB 軽戦車を研究すると、さらなる挑戦が待っています!

LTTB は、Tier VIII に匹敵する性能を有する Tier VII 車輌であり、特に速力においては優れています。このソ連の偵察戦車の速力は、直接的な競合車輌である Spähpanzer SP I C より遙かに優れており、速力における絶対的な王者である Ru 251 に迫るものです。そして最大速度においては Ru 251 が勝っているとはいえ、LTTB はより強力なエンジンを備えながら重量も軽く、加速力においては優位に立てます。さらに、ソ連戦車の機動性は高く、旋回時にも高速を維持し続けることが可能なのです。

本車で急旋回するテクニックを身に付けましょう。これをカッコ良く決めることができれば、敵を惑わすことができるはずです!

この新戦車は主砲も優秀であり、貫通力、火力、精度、発射速度がいずれも良好です。端的に言って、全ての面において優秀な車輌であり、本車に遭遇した場合には警戒が必要です!

Tier VIII. Т-54 ltwt.

T-54 は、軽量化版とはいってもやはり T-54 なのです。現段階でのソ連ツリーにおける最高の軽戦車である本車には、その性能においては突出した部分はありません。以前から存在していた兄弟車輌と同様、速力も貫通力もトップレベルではないのです。本車の最大の特長は、その万能性にあります。

LTTB で  96,300  を貯めた先にあるもの。それはダイナミックかつ高機動で優秀な主砲を備え、中戦車と対等に交戦することも、能動的な行動を取ることも可能な本車なのです。軽装甲の Ru 251 とは異なり、本車の装甲厚は車体正面で 80 mm あり、これは Tier VIII においてはとても優れているとは言えないまでも、ある程度の有効性を有しています。そして最大装甲厚 160 mm を誇る砲塔は、大半の軽戦車からの攻撃に対して充分な防御力を有するものであり、一部の中戦車の攻撃に対してさえ有効なのです。

この T-54 ltwt. の加速力は高く、短時間で 55–60 km/h に達してその速度を維持できる上、急旋回をした場合であっても、速度低下はわずか 2–4 km/h に過ぎず、横滑りもほとんど発生しません。Ru 251 LTTB はいわばロケットであり、その操縦は容易ではなく、時に予期しない挙動をすることもあります。一方でこの T-54 ltwt. の操縦性は極めて高く、思うままに操ることができます。

このソ連の偵察戦車の主砲は、T-44 の最上位砲である LB-1 と類似したものであり、発射速度においては上回っています。重戦車の車体を狙った場合、安定した貫通は望めませんが、しかし本車が誇る高い機動性を巧みに活かすことができれば、ほぼ全弾を貫通させることは充分に可能です。類似の主砲を備えた T-44 が素晴らしい車輌であるなら、T-54 ltwt. も同様に戦える車輌なのです。

これらの 3 種類のソ連の偵察戦車は、既にエンジンのウォームアップを始めており、敵に悲惨な混乱をもたらすべく、出撃準備を整えつつあります。さあ、T-34 でクレジットと経験値を貯め、アップデート 3.1 のリリース直後から戦場を駆け回り、敵を次々と偵察すべく準備を始めましょう。エンジン始動、戦闘開始!

閉じる