WG Leaks #9 ゲームバランス

皆様からの質問に対する回答の第 1 弾を用意しました。まずは、ゲームバランス部門への質問を集めました。そして World of Tanks Blitz Lead Game Balance Designer である Andrew Panasiuk が、それらの質問のうち興味深いものや、よく寄せられるものに回答させて頂きます。

次回のテーマは、クラン関連の質問です。皆様からの質問をお待ちしております。

初心者の大半がまずはソ連の重戦車を選ぶため、これらの車輌の総合戦績が低くなっているのではないかと考えます。これによってバランス調整が不適切になってしまうことはあるのでしょうか?

Tier 車輌の場合は、勝率 60% 以上のプレイヤーの戦績を主に考慮しています。こういったプレイヤーは、車輌選択において特定の国への偏りが少なく、純粋に高性能な車輌を選択するという傾向があります。そういった車輌は時にバランスを崩す存在であるという判断に至ることがあり、その場合は調整を施します。
このように、ナーフ (弱体化) またはバフ (強化) する車輌の候補を絞り込むことができます。

戦車をナーフ/バフするかどうかを判断する上で重視する要素は?

各戦車の戦績は、搭載モジュールの構成に応じてグループ分けされます。そしてバランス調整においては、最上位の構成が最も重要です。ストック (初期) および中間的な構成についても検討しますが、これは最上位構成とはまた別に検討します。

そうやってグループ分けされた戦績を、今度はその車輌を使用するプレイヤーグループによって並べ替えます。つまり、個別の戦車における個別の構成を、プレイヤーの勝率別に分類 (40-50%50-60%60-70%) するのです。そして各プレイヤーグループについて、次のような様々な統計データを分析します:

  •        戦闘数
  •        平均ダメージ
  •        平均ダメージアシスト
  •        平均撃破数
  •        射撃弾数 (プレミアム弾薬の割合を含む)
  •        消耗品の補給費用

最も重視するのは、勝率 60% を超えるプレイヤーのデータです。もしそのような熟練プレイヤーがその車輌を使用した場合の戦績が、同 Tier かつ同タイプの他の車輌の戦績に劣っているようであれば、性能を向上させる車輌の候補となります。中でも中戦車はプレイヤースキルの影響が大きいため、熟練プレイヤーによるデータが重要です。

ですが、最終的な判断を下す上では、それは検討すべき要素の一部に過ぎません。例え熟練プレイヤーにとってはあまり高い戦績を達成できない車輌であっても、他のプレイヤーグループ (勝率 40-50% および 50-60%) を見た場合には、その Tier およびクラスとしては優秀である、というケースもあるのです。これは主に、低速で重装甲な戦車の場合に当てはまります。そしてその場合は、バフが必要であるとは言えません。

別の例としては、与ダメージでは突出しているにも関わらず、勝率はそうでもない、というケースもあります。このようなケースは、チームへの依存度が極めて高いクラスである駆逐戦車においてよく見られます。この場合についても、バフが必要であるとは言えません。

バージョン 2.2 においては、それ以前から強力かつ人気もあった複数の車輌がバフされましたが、その一方で、さほど人気がなく強化が必要なアメリカおよびイギリスの中戦車の性能は変更されていません。これは何故でしょうか?

その理由は前述の通りなのですが、戦車の人気度と強さはまた別の問題である、という点には注意が必要です。 Tier においてバランスに問題がある車両 (例えば Hetzer) の場合は、人気度という尺度も判断基準になるでしょう。しかし高 Tier においては、こういった尺度に基づくアプローチは適切とは言えません。

バージョン 2.2 において E 100 をナーフした理由は?
E 100
が、あらゆるプレイヤーグループにおいて極めて良い戦績を示していたためです。たとえ HEAT 弾を滅多に使わないプレイヤーに限定しても、それは同様でした。

Löwe を購入したのですが、好きになれませんでした。34 戦ほどプレイしたものの、今後はあまり使いたいとは思えません。このように、戦車を購入したにも関わらずそれをあまり使用しないプレイヤーに関してはどうお考えでしょうか?

サンプリングの際には、非アクティブなプレイヤーはその対象から除外しています。ですが各戦車での総戦闘数については考慮しており、この点で問題が見られた場合はその戦車は検討対象となります。私たちは、各戦車での戦闘参加頻度、購入頻度、売却頻度など、各戦車に関する様々な統計情報を別々に収集しています。ただし、こういった尺度は、バランスに直結する尺度とは言えません。

Löwe に関しては、装甲構成については変更するつもりはありませんが、他の特性については、問題があれば必要に応じてバランス調整を加え、もっと人気を高めたいと考えています。ただし、この戦車において求められるプレイスタイルは、他の重戦車とは大きく異なる、という点には注意が必要です。

T26E4 SuperPershing をバフする予定はありますか?

現段階では、この戦車の人気は中程度であるものの、あらゆるプレイヤーグループにおいて安定しています。

貫通できない相手ばかりが存在する戦闘に組み込まれてしまうのですが、この問題をいつ修正するのでしょうか?

正確に回答するためには、より詳しい情報が必要です。その戦闘において自車輌が最上位車輌ではなく、主砲が初期砲のままであるために威力不足である、というケースに対しては、数戦の優遇戦闘を提供しており、加えて先行車輌で戦闘に参加したりミッションを達成したりすることで取得可能なフリー経験値を利用することもできるようになっています。敵が自車輌より 2 Tier 上位の重装甲戦車である場合には、弱点を見つけ出す必要があります。あらゆる戦車には、何らかの弱点があります。あるいは、味方の最上位車輌と共に行動し、その支援に徹するのも良いでしょう。

来年、±1 段階の Tier 帯という要素が導入されるのでしょうか?

この質問については検討しましたが、まだ結論は出ていません。

FV215b (183) HESH 弾の貫通力を上方修正して頂けませんか?

プレミアム砲弾は、特殊な状況に対応するためのものです。一部の戦車のプレミアム砲弾は高い貫通力を有しており、貫通困難な敵戦車に対応する際に役立ってくれます。しかし FV215b (183) の場合のプレミアム砲弾は、敵が弱点を晒している際に大きなダメージを与えるためのものです。

従って、HESH 弾を使用する際には戦略的に考える必要があります。

よってこれらの砲弾は、適切ではない状況で使用しても効果は薄いのです。HESH 弾では高 Tier重戦車の前面装甲を全く撃ち抜けない、という要素は意図的なものであり、この点を変更する予定はありません。その一方で、HESH 弾のメカニズムを完全に作り直す、という案については検討中なのですが、それを実際に実行に移す可能性は高くはありません。

敵と味方で Tier 別の車輌数が揃っていないケースがあるのは何故でしょうか? 以前はこのようなケースは無かったはずです。

マッチメイカーに関しては、Tier III-IV 車輌の戦闘レベルを再調整し、新車両購入後の優遇戦闘数 (68 ) を増やしましたが、他のメカニズムに関しては一切変更していません。現在のマッチメイカーは PC World of Tanks と同じものであり、そのメカニズムを刷新する予定はありません。チームの編成は戦闘待機中の車輌の Tier 次第であり、マッチメイカーは待機中の車輌を組み合わせてチームを編成する、という点をご理解ください。

PC 版の World of Tanks 同様に、Jagdtiger の最上位砲の単発ダメージを 560 へと上方修正する計画はありますか?

Jagdtiger の主砲を含め、World of Tanks Blitz におけるあらゆる主砲のダメージは、PC 版とは異なる計算式に基づいて決められており、近い将来にこれを変更する予定はありません。

閉じる