ガイド: Fury の運用方法

戦車長の皆さん!

プレミアム中戦車 M4A3E8 "Fury" Sherman は仲間の援護に特化した汎用性の高い車両です。このガイドを読んで、どのような状況にも対応できる万能プレイヤーを目指しましょう!

この車両を使う際のセオリーは通常の中戦車と同じく、相手の不意を打ち、重戦車の進行をサポートし、駆逐戦車の索敵をサポートすることです。今回はこの Fury を使いこなすために必要なその他のキーポイントをご紹介致します。

オススメの拡張パーツ

  1. 中口径戦車砲用装填棒: このパーツを搭載することで、高い連射速度を誇る76mm砲の連射力をさらに強化することが出来ます。敵の装甲が貫けない場合、この連射力を活かして相手のモジュールを破壊するように心がけましょう。この砲は隙さえつけば大量のダメージを与えることが可能となります。
  2. 砲垂直安定装置: 側面や背面への回り込みや、奇襲作戦を取ることが多い車両なので移動中やちょう等旋回中の精度を 20%上げる安定装置の恩恵を最大限に受けられます。
  3. 改良型換気装置 クラス 2: 搭乗員全員のスキルを5%強化することができるこのパーツは、微妙な強化にも思えますが、速度や装填速度、索敵距離等様々なスキルを一つで強化することができる万能パーツと言えるでしょう。

地形

「Fury」Sherman は良好なパワーウェイトレシオと素晴らしい砲の俯角を保有しています。これを利用して、凹凸の激しい地形をのぞき込み、いわゆるハルダウン体制を取ることで視界と装甲を活かすと良いでしょう。砂漠マップなどの砂丘などがこれに最適でしょう。市街地戦では装甲の薄い側部が攻撃を受ける場合があるので、相手の不意打ちに十分注意を行う必要があります。

優先すべき攻撃対象

Sherman を使うどのプレイヤーにおいても、相手の戦闘力をできる限り削り取ることが戦闘目標となるでしょう。 Furyの俊敏性と装甲を活かし、相手の軽戦車を撃破することを心がけましょう。他にも、重戦車に随伴し彼らの進軍をサポートすることも有効です。相手が十分弱ったことを確認してから、側面に回り込みましょう。

練習を積むことで隙をつける回り道を覚え、仲間の作戦に合わせて遊撃を行うことが可能となるでしょう。万が一強固な装甲をもつ重戦車や駆逐戦車と対峙した場合、連射力を活かしたHE弾での攻撃を行うことで仲間の援護まで持ちこたえる作戦が取れます。砲と履帯が破壊された車両は高火力を持つ味方の格好の餌食となることでしょう。

小隊

フル装備の「Fury」 Sherman が協力し合うと恐るべき戦力を発揮することでしょう。高速かつ高連射力を備えた車両はどんな敵でも打ち砕くことができると言えます。

作戦の例を挙げると、一両がハルダウン体制を取りながら敵を引き付け、二両で敵の側面を突くことが出来ます。また、Fury は重戦車や自走砲と小隊を組むことで火力支援を行ってもらうことが出来ます。Fury のもつ広い視認範囲は自走砲が攻撃する際に大いに役立ち、重戦車は攻撃を援護する頼もしい相棒を持つこととなるでしょう。

ランダム戦でのアドバイス

  1. 傾斜装甲を過信しないように。なるべく立ち止まらないようにし、遮蔽物があるときのみ停車するようにしましょう。
  2. 自分が援護車両だという認識をお忘れなく。単独で複数の車両を相手するのはおすすめしません。
  3. 万が一敵と単独で戦う必要がある場合、視認範囲の広さと俊敏性を活かすようにしましょう。
閉じる